2016年のおせち料理はどんなタイプを注文するのか、もう決まりましたか?当サイトでは料亭おせちに注目して、早割価格や内容、見た目や食材の安全性など、いくつかの項目をチェックして総合ランキングでご紹介しています。人気のおせち通販はあっという間に完売してしまいますので、気になるものが見つかったら早めに予約注文しておくことをオススメします!

2016年のお正月に食べたい!通販で人気の料亭おせち

料亭おせちランキング【BEST3】

価格17,800円⇒13,800円
9/30迄早割キャンペーン中!
「岩元」監修おせちは、華やかさがある豪華な三段重。あわび福良煮・金箔黒豆・海老艶煮など、充実の全42品。冷蔵状態で届く生おせち。中国産主原料不使用、人口保存料不使用など安心にもこだわり作られたお重。
道楽監修 新玉の息吹
31,500円⇒早割価格22,000円(税込)
老舗料亭によるこだわりのおせち。豊富な種類のお味を楽しめるのが魅力!充実の55品目入りで、約5~6人前です。
京都円山 宝寿千
70,000円⇒早割価格49,000円(税込)
料亭東観荘監修の高級おせち。ボリュームたっぷりの71品目入で、大人数でも安心。たらば蟹・安納芋金団・銀鱈西京焼など。
家族団らんで過ごす、お正月は楽しいものです。昔は年末から元旦にかけては主婦は、おせち料理の準備で大忙しでした。家族が多いと買い物だけでも何日もかかりますから、大晦日は、ほとんど徹夜で料理をすることも多かったのではないでしょうか。

ですが、今では、おせち料理は作るよりも買うものになってきて、家族が全員で年末やお正月を、ゆったりと過ごせるせるようになりました。カニ鍋用にたっぷりと年末年始の訳ありズワイガニ5キロを注文したり、年末にどのおせち料理にしようかとネット通販を見て、皆で選ぶのも楽しそうです。

デパートでも様々な種類が用意されていますが、2016年おせち人気で注目なのは料亭おせちです。特に京都の有名割烹や料亭の料理長が監修した、おせちが予約ランキングの上位に並んでいます。なだ万・美濃吉・吉兆・つきぢ田村などの料亭おせちがあります、その他にも全国の有名ホテル、有名百貨店のオリジナル、有名な料理家が監修したおせちなど、さすがに美味しそうなものがランクインしていました。お値段は2万円前後から3万円代、3人前から4人前のものが人気です。料理の品数は20から40品目で、高級な食材も入っていますから、家庭で作るよりも、かなり経済的かもせれません。

発売後、すぐに予約完売ということもあるようですが、人気のある料亭おせちは、だいたい9月の始め頃から、予約が開始されます。そして11月の後半から12月中旬には売り切れてしまうことがあるので、12月後半に入ってからでは間に合わないことも多々あります。今年のお正月に予約がとれなくて残念な思いをされて、来年こそは!と思っている方は、既に予約申し込みが始まっていますので、早速ネットショップでしっかりチェックしておきましょう。